スペイン留学 > スペインコラム一覧 > スペインの見どころ【第6回】

スペインの見どころ⑥

スペインで最古の大学とされているサラマンカ大学があることで有名なサラマンカは、学生の街として知られており、サラマンカのカスティージャ州はスペイン語特有のなまりなどが無く、世界各国からスペイン語を学びに学生が集まる街として、昼夜ともに活気のある地域です。他にもさまざまな見どころ満載のサラマンカについてご紹介いたします。

スペイン最古の歴史的観光地「サラマンカ大学」

サラマンカから電車で15分ほどの場所に位置している「サラマンカ大学」はサラマンカの象徴的なシンボルとも言える大学です。スペインで最も古い大学としても有名で、1215年に建造されました。ベストセラーとして有名なドン・キホーテの作者セルバンテス、コロンブスといった数多くの著名人もサラマンカ大学出身といわれています。
サラマンカは学生の街と言われているほど学生が多く、サラマンカの人口の約30%を占めており、まさにサラマンカは学生の中心街と呼べるのではないでしょうか。


マヨール広場はサラマンカのホットなスポット

スペインにはマヨール広場という大きな広場が複数都市に存在しますが、特に、ここサラマンカのマヨール広場はスペイン一美しいと評判です。マヨール広場は街の中心部にあり最寄りの駅からは徒歩10分ほど。また夜にはライトアップされるため魅力倍増です。
元々サマランカのマヨール広場はスペイン継承戦争で1729年にフェリペ5世よりサマランカの支持に感謝して送られた広場です。歴史を勉強してから訪れるとより一層楽しむことができますね!

【サラマンカの紹介】
美しいスペイン語を学べる学生の街 サラマンカ

【サラマンカの語学学校】
DON QUIJOTE
Enforex
University of Salamanca(サラマンカ大学)