スペイン留学 > スペインコラム一覧 >スペインの交通事情(バレンシア編)

スペインの交通事情(バレンシア編)

スペインの交通事情第3回、今回はスペイン第3の都市バレンシア。
内陸の都市と比べて温暖な気候に恵まれ、スペインを代表する旅行先のひとつです。

空港からのバレンシア市街地までのアクセス

バレンシアの空の玄関口はバレンシア空港と呼ばれ、バレンシアの中心街からは西部に位置しています。

空港からバレンシア市街地までの距離はおよそ8キロ、バレンシア地下鉄により市街地中心部と結ばれています、所要時間は20分程度とストレスなく移動することができます。

メトロ

バレンシアのメトロは6つの路線がありますが全て地下鉄であるわけではありません、路面電車や途中から地上を走る電車もメトロに分類されます。

2009年よりチャージ式のカードが導入されており、購入するための操作が難しく慣れるのに時間が掛かります。また、チャージ機の近くには係員や有人の券売窓口があるため操作が不明な方は人を介して買った方が無難です。

 

バス

バスは1回乗る度に運転手に運賃を支払うか、あらかじめ購入したプリペイドカードで支払います。検札がある場合がありますので紛失しないように注意が必要です。
また、20ユーロ札のおつりが無い場合がありますので小銭を常に持っておくことをおすすめします。

 

タクシー

スペインの主な都市ではタクシーの色が決められていますが、バレンシアでは白です。最低乗車運賃は4ユーロで、平日であれば1キロ1.03ユーロ掛かります。
またタクシーを待たせることができますが、1時間あたり19.15ユーロ必要です。祝祭日はそれぞれ料金が上がるためチェックが必要です。

 

自転車

バレンシアにはレンタル自転車「valenbisi」があり、サービス開始から30分以内は無料、30分〜60分の間は0.52ユーロが30分毎に課金、60分を過ぎると60分毎に2.08ユーロが課金されます。
バレンシアの市街地は歩きでも30分あれば目的地に着ける規模なので、メトロやバスよりも自転車が重宝される場合があります。長期滞在者向け12ヶ月パス(29.21ユーロ)も発行されているのでチェックしてみてください。

 

いかがでしたか?
留学先としてバレンシアを訪れる場合でも移動手段さえおさえておけば安心です。観光名所も沢山あるバレンシアを存分に楽しみましょう。