スペイン留学の新型コロナウイルス対策 (2020年8月12日現在)

スペインでは入国制限が解除され、留学できるようになりましたが、状況は良いとは言えません。
今回は、スペインの語学学校の新型コロナウイルス(Covid-19)対策をご紹介します。

スペインへの入国条件

新型コロナウイルス(Covid-19)対策をご紹介する前に、スペインの入国条件をご案内します。
2020年8月12日現在、日本居住者であればスペインへの入国は可能で、14日間の隔離措置も不要です。 ただし、外務省の定める感染症危険レベルは3(渡航中止勧告)です。 そして、日本帰国時にはPCR検査が実施され、陰性であっても自宅やホテルなどで14日間の待機が必要となります。
そのため、時間の限られた数週間の短期留学は難しいでしょう。

スペインの語学学校の新型コロナウイルス(Covid-19)対策

それでは、スペイン最大規模の語学学校であるEnforexとdon Quijoteが実施する新型コロナウイルス(Covid-19)対策を一例としてみてみましょう。
※Enforexとdon Quijoteは同一の教育機関が運営しています。

1.衛星管理
1-1. 登校時に体温測定と消毒を実施。
1-2. 学校内では手指消毒剤、石鹸、使い捨て手袋などの衛生用品を提供。
1-3. 入学日に衛生管理と対策に関する資料を提供。
1-4. 公共交通機関では、スペイン政府の指示によりフェイスマスクの着用を義務付け。フェイスマスクを所持していない学生に対しては、学校が購入先を案内。
1-5. 学校内施設は洗浄と消毒、換気を毎日実施。また、学生と教師間による教材の共有はなし。
1-6. 学校内で生じた廃棄物は、消毒して処理。

2.ソーシャルディスタンス
2-1. ソーシャルディスタンス確保のため、共有スペースを再編成。
2-2. アクリル板、マスク、消毒により、ソーシャルディスタンスを確保。
2-3. 導線を再編成、人の流れを一方通行にして、共有スペース内の行動を制限 (休憩時間や廊下での会話を制限)。
2-4. エレベーターの利用は、身体の不自由な方やその同伴者に限定。
2-5. 授業はソーシャルディスタンス確保のため、1クラス内の人員を削減。
2-6. トイレは個別に使用。並んで待つ際はソーシャルディスタンスを確保。
2-7. 公共交通機関利用時は、国や地方自治体の規制に従ってソーシャルディスタンスを維持。

3.オペレーション
3-1. 緊急対応要綱を設定し、管理スタッフを配置。
3-2. 学生数が多い時期は授業時間をずらして設定。
3-3. 必要に応じて、教室内の通常授業からオンライン授業に変更可能。
3-4. 学校内の共有スペースは自動販売機を除いて使用禁止。
3-5. アクティビティは訪問先とその地方自治体の規定に従って実施。

4.安全対策
4-1. 新型コロナウイルス(Covid-19)の最新情報を確認できるサイトを案内。
4-2. 安全と健康、行動規定について質問できるメールアドレスを設置。
4-3. 学校初日に健康と行動規定に関するトレーニングを実施。
4-4. 学校の全スタッフは、新型コロナウイルスの行動規定に関するトレーニングを受け、情報を共有。

 

新型コロナウイルス(Covid-19)対策は以上です。 一方、再度休校(オンラインレッスンへの再移行)になる条件を問い合わせたところ、スペイン政府または地方自治体が街のロックダウンや外出禁止令を発令した時に限るとのことです。学校の独断で休校になることはありません。
学校によって、対策や再度休校の条件が多少異なることもあると思います。ご希望の学校をお知らせいただければ確認いたします。お気軽にお問い合わせください。

いかがでしょうか?
外務省による感染症危険レベルは3(渡航中止勧告)のため、渡航を積極的にお勧めすることはできませんが、スペイン留学やワーキングホリデーをお考えの方はこれらをふまえてご検討くださいませ。