スペイン留学 > スペインコラム一覧 > スペインの見どころ【第10回】

スペインの見どころ⑩

ミシュランの星付レストランが世界一立ち並ぶ街として今最も注目されている街サンセバスチャンは、世界有数の美食の街として知られ、今や世界の料理界を牽引する存在となっています。バスク地方の豊かな自然と恵まれた山の幸、海の幸が作り出す食文化が、世界中の旅人を引き付けてやみません。そんな魅力あふれる”世界一美味しい街”をぜひご堪能ください。

夏の首都と呼ばれた「ラ・コンチャ海岸」

19世紀後半、スペインにおける夏の首都として、貴族に人気を博した「ラ・コンチャ海岸」は、ヨーロッパで最も人気のある都市型ビーチのひとつとして知られており、夏季になるとヨーロッパ各国から大勢の海水浴客が押し寄せます。海外沿いのプロムナードには、ビーチの雰囲気を楽しむ若者から、読書やおしゃべりなど優雅な時間を過ごす年配の方など、様々な人たちで賑わっており、青々とした海の魅力は幅広い年齢の人を引きつけています。
夜になると景色は一変し、ビーチには大人のムードが漂います。昼間はマリンスポーツを思いっきり楽しみ、夜は穏やかな波の音を聴きながら、ゆっくりと流れる時間を堪能してみてはいかがでしょうか。



歴史と文化が交錯する丘「モンテ・ウルグル」

12世紀山頂にモタ城が建設されたことから、軍事作戦の場となった「モンテ・ウルグル」。モタ城は現在歴史博物館として展開されており、屋上に設置されている大砲から戦時中の空気をひしひしと感じることができます。頂上には全高12mにもなるイエス・キリストの像が設置され、訪れた人々に強烈な印象を残します。同時に山頂からは、ラ・コンチャ海岸を含む、サンセバスチャンの街を見渡すことができ、美しい風景の中に軍事施設が力強くたたずむ様子を楽しむことができるでしょう。
戦争の歴史とともにあるサンセバスチャンですが、国際映画祭の開催や、2016年度欧州文化都市に選ばれるなど、戦争の虚しさを感じさせない文化に溢れる街となっています。



【サンセバスチャンの紹介】
フランス国境に近い綺麗な海と美食の街 サンセバスチャン

【サンセバスチャンの語学学校】
Tandem San Sebastian